低用量ピルの始め方

低用量ピルの始め方

月経痛が軽くなったり、ホルモンバランスが整えられて肌が綺麗になったりするメリットだらけの低用量ピル。しかし飲んだことのない薬には不安があるものです。当サイトで低用量ピルの飲み方を知りましょう。

低用量ピルの飲み方

低用量ピルには、1シートに21錠あるタイプと28錠あるタイプがあります。いずれも飲み方は、生理の1日目から服用を始めます。21錠タイプの方は、1シート飲み終えたら7日間休んでから次のシートを飲み始めます。28錠タイプは、最後の数錠が偽薬でホルモンが入っておらず、偽薬服用中は薬を休んでいる状態です。1シート飲み終えたら、次のシートを飲みます。薬を休んでいる間に、生理のような出血があります。
注意したいのは、1日に1錠、なるべく同じ時間帯に服用することで、飲み忘れないようにアラームをセットしたり、生活のパターンに組み込むなど工夫するようにしましょう。飲み忘れた場合には、24時間以内ならすぐに服用しますが、24時間を超えたら服用を中止して、生理が始まったら新たなシートの服用を始めます。ただし、偽薬の飲み忘れなら問題はありません。その場合でも、休薬期間を間違わないように、飲み忘れた偽薬を廃棄するようにします。
低用量ピルは、正しく服用すると避妊効果が高く、安全で確実な避妊法です。薬局では購入できないので、婦人科を受診して処方してもらってください。服用の始めには、吐き気や頭痛などの症状が現れることがありますが、通常は一時的なもので、服用し続けるとなくなっていきます。症状が重い場合には、医師に相談して違う種類のピルに替えるとよいでしょう。
低用量ピルは、避妊に効果がある他にも、重い月経困難症を緩和する働きがあります。月経困難症の治療のための服用でも、飲み方は同様で、毎日1錠服用します。この場合には、保険が適用されます。また、子宮内膜症の改善や、卵巣がん、子宮体がん、大腸がんを予防する効果もあります。