低用量ピルの始め方

月経痛が軽くなったり、ホルモンバランスが整えられて肌が綺麗になったりするメリットだらけの低用量ピル。しかし飲んだことのない薬には不安があるものです。当サイトで低用量ピルの飲み方を知りましょう。

ブライダルチェック時に低用量ピルの相談もしてみましょう

ブライダルチェックという言葉も、一昔前よりは広く知られるようになってきていますが、近年我が国は晩婚化が進んでいるということもあり、結婚前には是非ブライダルチェックを受けておきたいものです。
この検査は、将来子供が産める体であるかどうかということを調べてもらう検査で、婦人科で受けることが出来ます。
晩婚化の影響で結婚してもなかなか子供ができないと不妊に悩むカップルも多く、結婚後に子供を作る計画があるのであれば、きちんとブライダルチェックを受けて、万が一何らかの疾患があれば早期に治療を受け、治しておくことが大切です。
その際には子供を作る計画についてなども、相談にも乗ってもらえるので、すぐに欲しいというわけではないのであれば、低用量ピルの処方も検討してみてはいかがでしょうか。
今は、結婚するから仕事を辞めるという女性も少なくなっており、しばらく子供を作る予定がないカップルなどは、そのまま共働きで生活をスタートさせる家庭も多いです。
妊娠は女性に取っては身体が大きく変化する一大事なので、結婚しても仕事を続けるという以上、すぐに妊娠では社会人としてあまりにも自覚が足りなさすぎます。
低用量ピルであれば副作用もほとんどなく、妊娠の時期を女性が確実にコントロールできるので、避妊対策としては最適です。
また低用量ピルを服用するに当たっては、ブライダルチェックとかぶる様々な検査を受ける必要があるので、同時期に相談すれば検査費用も節約できます。
またせっかく婦人科で検査を受けるのであれば、その際には普段の生活の中で気になっていることを何でも相談して見ましょう。
生理における腹痛や経血量が多い、おりものが出るなど、デリケートな相談は親や友達、パートナーにもしにくいものです。
不安に感じていることはこういった機会に解決しておくことをお勧めします。