低用量ピルの始め方

月経痛が軽くなったり、ホルモンバランスが整えられて肌が綺麗になったりするメリットだらけの低用量ピル。しかし飲んだことのない薬には不安があるものです。当サイトで低用量ピルの飲み方を知りましょう。

低用量ピルでの女性ホルモンのコンディショニング法

月経トラブルの治療薬として、近年低用量ピルが注目されています。
低用量ピルは、卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンを配合した薬です。避妊薬としてよく知られていますが、子宮内膜症や月経痛の治療薬として、健康保険の適用が認められたものもあります。
月経痛は、プロスタグタンジンが子宮内膜に多く存在するために起こります。鎮痛剤を痛みを起こす酵素の働きを抑えますが、薬の効果が切れるとまた痛みが出てきます。低用量ピルは、酵素そのものの量を減らす働きがあるので、痛みを持続的に抑えることができます。
また低用量ビルを継続的に服用するメリットは、避妊があげられます。毎日同じ時間に1錠ずつきちんと服用すれば、ほぼ100%避妊効果を得ることができます。そのほかにも卵巣ガンや子宮体ガンなどの女性ホルモンが関係する病気のリスクを減少させる作用も期待できます。
低用量ピルを使用すると、月経周期を考慮したコンディショニング法を実践することも可能です。
一般的な月経周期は28日で、複数のホルモンの相互作用によって調整されています。ただ過度なストレスや脂肪量の減少などによって、正しくホルモンが分泌されず、月経周期が異常になる場合があります。
コンディショニング法は、低用量ピルを使って正常な月経周期に戻すことで、特に女性アスリートには大きく影響するものです。
女性アスリートの体調管理の指標の一つとして、月経周期があります。しかし過度なトレーニングを行うことによって、月経不順や体重の劇的な変動をおこし、そのままにしておくと選手生命に大きく影響を及ぼす場合があります。
コンディショニング法を行うことで、目標としている大会やレースに向けてピークの状態に近づけるように、体調管理をする事ができます。